精神疾患と能力

はじめに

今回の記事は前回の精神疾患とスピリチュアルの関係性を踏まえてまだ自分自身の可能性に気が付いていない方に向けての記事でもある。

個人的に精神疾患について相談されることが多く、その中の5割くらいの方が何らかの能力を潜在的に持っていることが多いことがキッカケだ。

以前にも書いた通り、私自身も小学生時代に自律神経失調症と診断された経緯がある。

まさか自律神経失調症が霊能力を覚醒させる為のものだったなんて思いもよらなかった。

辛かっただけの日々に意味があったと知った時物凄く安心したことを覚えている。

少し視点を変えるだけで生き方は大きく変わるのだ。

私は突然変異の霊能者であるので、20歳になるまで自分が霊能者になるなんて全く考えもしなかった。

それでも霊能者になった今この道に進んで良かったと心から思えている。

自分らしく生きられるというよりも本当の自分に出会えるなんて考えもしなかったし、本当の自分なんてないと思い込んでいた。

辛い日々がなかったことになるわけではない。

ただその辛い日々があったからこそ今があると思える今を作るのは自分次第だ。

過去を糧にできるのは今に満足しなければできないのである。

本当の自分に気付き、生まれて良かったと思える未来を掴む為のお手伝いができるように今回は突然変異型能力者の特徴をリストアップしていく。

本人だけに限らず家族や友人が該当する場合も写真があれば鑑定は可能なので、思い当たることがあれば問い合わせてほしい。

未覚醒能力者

これは私が作った造語だ。

読んで字の如く能力を持って生まれたが自覚がない者を指す。

このような状態にある者は霊能力に限らず様々な能力を持っている可能性を秘めている。

多くの場合は家系に霊感を持つ者がおらず、周囲もスピリチュアルに関心がなかったり、否定的な環境で育っているケースが多いが、逆に両親が熱心な宗教信者だった場合も稀に気付けない環境になることもある。

未覚醒能力者は血統で能力を有しているわけではない為どんな能力なのかは覚醒してみないとわからない。

霊能力や霊媒能力、霊視、透視、治癒能力、物や動物と意思疎通できる能力だったりと様々なのである。

共通しているのは共感能力(エンパス)である。

人が何を考えているのかどんな気持ちなのかを無意識に読み取る能力のことで、突然変異型能力者はこのエンパス能力が強い。

未覚醒能力者もこの傾向は強く出ることが多く、ネガティブだ、被害妄想だと揶揄されることも多い。

その為、精神疾患とスピリチュアルの関係性にも書いたように自律神経失調症や不安障害と診断されているケースは後を絶たない。

未覚醒能力者の特徴

以下の項目が全てではないが、突然変異型の能力者はこの項目に複数個当てはまることが多い。

  • 人混みが苦手で帰宅後に発熱したり、抗いようのない眠気に襲われることがある。
  • 家系にスピリチュアル関係の人間はいない。
  • 視覚で目に見えないとされているものを認識していない。(霊は見えない)
  • 幼少期の記憶が他者から聞く記憶とずれることがある。
  • “変わった子”“個性的”“感受性が豊か”だと言われることが多い。
  • 意味の分からない夢をよく見ることがある。
  • ぼーっとしている時間が好き。
  • 頭に浮かんだことを周囲の人間に話しても怒られたり否定されることが多い。
  • テレビやラジオや小説や漫画などを観ていると頭の中は妄想でいっぱいになることがある。
  • 人の好き嫌いが激しい。 (例:周囲の人間が良い人だと言っていても違和感があり納得できない)
  • 警戒心が強い。
  • 今生きている環境を窮屈だと感じることがある。
  • 気配や視線を感じることがよくある。
  • 心や身体がザワザワ、ソワソワする場所や人がいる。
  • 神仏や宗教、神話などに興味はあり、存在は信じているが“信仰”する気にはなれない。

自分を知ることで得る安心感

いつも通り私の体験になるが自分が何者で、何が起こっているかわからないのは本当に辛い。

自尊心やアイデンティティなんて構築できない。

毎日人が死ぬビジョンが頭に過り続け、殺人願望でもあるのか?私はサイコパスなのか?と思い悩んだ時期もある。

怖くて、悲しくて、苦しくて仕方なかった。

何よりも自分に何が起こっているのかがわからないことが何よりも怖かったし、自分自身が怖かった。

そんな中での起こった覚醒だったので今までにない感覚や知識に戸惑いも大きかった。

衝撃的な知識や耳を疑うような情報ばかりだったが、何よりも自分を知れることが嬉しくて仕方がなかったから楽しみながら自分と向き合えたように思う。

自分を知り、受け入れるのは容易なことではない。

私はこの霊能力を持ったことや霊感を素晴らしい力だと思ったことは一度もない。

この体質に振り回されながら生きてきたからだ。

霊能者になりたいと言う者もいるようだが、私はこんな特異な仕事になんて就きたくなかったし、普通が良かった。

それでもこの仕事に就いたのは自分にとってはハンディキャップでしかなかったとしても救えるものがあると思いたいからだ。

それだけで自分が生まれた意味を感じることができるからである。

私は自分のことを1つずつ知っていくほどに自分の行くべき道を感じることができる。

自分を知るということは自分の未来を作り上げていく為の武器だと私は感じている。

人生とは辛く苦しいこと、どうしようもないことがたくさん起こる。

私もこの先の人生でたくさんの災難に遭遇するだろう。

それでも私は1秒を笑って過ごしたい。

今過ごしているこの1秒は未来に繋がる1秒。

この1秒の積み重ねが未来になっていく。

5年後、10年後その先も笑っていたいから私は納得した楽しい1秒を過ごしたい。

その為に私はこの体質と向き合い、この体質を理解し、利用することで楽しい1秒を過ごす努力をしている。

今真っ暗闇にいると感じている人は5年後、10年後自分はどうなっていたいのかを考えてみてほしい。

そしてイメージできた自分にどうすれば良いかを逆算して考えていけば現状から抜け出すのは難しくないのだ。

そうやって私は抜け出してきた。

できるかできないかではなくやるかやらないか

それだけなのである。

覚悟を決めたものだけが幸せを勝ち取るのだと私は信じている。

幸せを勝ち取る一歩が自分を知ることだった。

これは能力者であろうとなかろうと関係ないと私は思う。

自分を知ることで得られる安心感は自分の未来を歩んでいく中でとても大切な灯りになるのだ。

十人十色、百人百色。人は誰しもオンリーワンだ。

このような言葉を昔の私は綺麗事だと鼻で笑っていた。

でもこうやって現世と異世のどちらとも関わっていくうちに勝手にオンリーワンになるのではなく、オンリーワンになる為に頑張ることに意味があると気付いたのである。

誰かのためのオンリーワンになれるように頑張れる自分。

自分にとって自分はオンリーワンなのだと感じられたその時に本当の幸せを見つけることができるのではないかと思う。

能力を持っていても持っていなくても人間であることに変わりはないのである。

強くある必要はないし、弱さを持つことも悪いことではない。

頼っても良い。頼られないことが悪いことでもないのだ。

ありのままで良い。

まとめ

今回は初めて突然変異型能力者の傾向をリストアップした。

これは一つの目安であり、視野を広げるきっかけになればと思い作成したものだ。

このリストが全てではないし、この項目に当てはまったからといって能力者であることが確定というものでもないのは理解していただきたい。

その理由はこのリストアップした項目は私が出会った突然変異型能力者の友人と話し自分の経験と照らし合わせ作った項目であり、既存の知識を基にしているわけではないからである。

※今回このリストを見て当てはまるものが多かったり、もっと自分について知りたいと思われた方はホームページのお問合せフォームLINE@、TwitterやInstagramのダイレクトメッセージからご連絡ください。

今回で能力や覚醒に関する内容は終わろうと思う。

正直過去の話をする度に自分のことを憐れんでいるようで気持ちが悪い…。

確かに楽しい記憶ではないが自分の人生に悲観しているわけでも同情してほしいわけでもない。

過去の私と同じような経験を現在している方の目に留まってほしいだけなのだ。

なので、要望がない限り私の過去の話はしないことにする。

次回はご縁についてを書こうと思う。

運命の人というパワーワードをぶっ壊しにかかるつもりだ。

覚悟しておいてほしい(笑)

LINE・ZOOMを使ったオンライン鑑定

画像をアップロード

自宅に居ながら、LINEのビデオ通話・ZOOMを使った対面鑑定

ご来店が無理な遠方の方や、お仕事や家事で忙しい方もお好きな時間でオンライン対面鑑定をご利用いただけます

ネットから24時間受付中!
完全予約制:1日4組

LINEからのお申込み・お問合せはこちらから

SR Salon Medium 公式LINE
↑クリックでお友達追加!
SR Salon Medium 公式LINE

鑑定のご依頼もお友達追加後LINE@からお問合せ下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA