【鑑定】亡き母の思い【後日談あり】

はじめに

今回のご相談者の鑑定は11月半ばに行われた。

丁度その頃うちの飼い猫が闘病生活に入ったので、なかなか書く時間を取れずにいた。

そして2021年2月に入ってすぐのある日。

『そういや、鑑定内容っていつから書いてなかったっけ?』

『そろそろ鑑定内容を書き始めないと忘れてまうなぁー。誰まで書いたかな?』

『忘れないように最近の人から書くか?』などと日中に考えていた。

その日の夕方に今回の相談者の方から後日談の報告があった。

それには相当驚いた。

すごいタイミングだと思いながら内容を読むと更に驚いた。

その内容はまさに鑑定内容で話していた内容だったのだ。

相談者の方は感謝を伝えたくてと仰ってくださったが、私からすると色んなことが重なっており驚くことばかり。

これはすぐにでも書かなければと思い、書き始めたのだ。

相談内容

11月の半ばの鑑定ではたくさんの事をお話しした。

その中の最後の内容が【亡くなった母について】だった。

母は今はどこにいて何を思っているのか。

自分や弟が心配をかけているのではないか。という内容だった。

いつも通り霊視し、お母様に直接お話しを聞いたのだ。

私はここで興味深いことを知ることになる。

お母様に直接どう思っているか聞いてみた!

お母様とのチャネリングはすぐに繋ぐことができた。

理由は弟様のところにいたからだ。

どうして弟様のところにずっといるのか?

お母様は問題なく成仏され、“息子がどうしても心配だった”という理由で守護霊というよりは先祖として弟様の近くにいたのだ。

何度も何度も『息子が心配で。』と口にしていた。

ちなみにここで興味深い体験(小)が発生。

お母様が話している口と内容が明らかにずれていたのだ。

例えるなら洋画を吹き替えで観ている時と同じ感覚。

お母様は方言を使ったのだろうと思う。

私の脳みそに翻訳機能が搭載されていたとは知らなかった(笑)

何がそんなに心配? まさかの真実。

あまりにも何度も言うので、「どうしてそこまで心配なんですか?」と私は聞いた。

『この子にはマブヤーがないのよ。だから、マジムンに惑わされないように見張っているのよ』と言った。

ここで分かる人には分かると思うが、マブヤー、マジムンという言葉は沖縄の方言でマブヤー(魂)、マジムン(魔物:良くないもの)という意味なのだ。

事前にご相談者の方からは弟様の問題行動の話は聞いていた。

そして更に事前に鑑定していたご相談者の方の体調が崩れやすいということが父方の先祖に関係していた。

父方の先祖の中に成仏していない方がいることが原因だということはわかっていたのだ。

弟様については問題行動の原因を後で霊視するつもりだったので、全く知らない状態。

ただ、父方先祖に当たりを付けていた私は目から鱗だった。

そしてご相談者の方はそんなこと一言も言っておらず、正直『マブヤー出たぁああああああ!』と内心では思っていた。

弟はいつマブヤーを落としたのか?聞いてみた!

そもそもマブヤーが抜けた身体にマジムンが入り込んだり、惑わしたり、魅了されたりすることがあるなんてこの時までは知らなかった。

電話占いのお客様や沖縄の友達から聞いた程度の知識しかなく、マブヤーが抜けているかどうかや抜けている場合の症状は今までの霊視をした経験で知っていた。

私は好奇心に火が付き、お母様を質問責めにしたい衝動に駆られたが今は仕事中。

我慢、我慢…。

そして一呼吸置き、「息子様はいつマブヤーが抜けてしまったんですか?」と聞いた。

お母様曰く、確か4~5歳の頃。

かなり派手に転んだことがあり、大事には至らなかったが様子がおかしかった。

マブイグミ(マブヤーを身体に戻す儀式的なもの)をしたが、戻ってなかったということを死んでから知ったとのことだった。

『時間が経ちすぎていて、もう戻らない。

探しに行ってみたけど息子のマブヤーはもうそこにはなかった。

だからせめてマジムンが来ないように見張ってるのよ』

そう仰っていた。

まさかの「そんな事実はない」

それをご相談者の方にお伝えしたが、そんな事実はないという。

すごく衝撃だった。

私が絶対正しい!とは思っていないが、これは私の霊視で発覚したわけではなくお母様からの情報。

私が知らなかった情報を持っていたし、その情報に納得もできた。

私は間違えたのか…?

私は誰と話したのか?

そもそも私の妄想?空想?

え、どういうこと?

お母様ではなく、なりすましか!?とも考えた。

そう、名物L!RaNaパニックモードだ

ただ、その後にご相談者の方についても聞いた時もお母様の顔の特徴を伝えても合致している。

おかしい…!!

すごくモヤモヤした。

後日談

後日談① 弟のマブヤー問題

鑑定が終わってからというもの、私はずっとモヤモヤしていた。

決して自分の間違ったことを認められないのではなく、何が間違った原因だったのかがわからないことに納得できずにいたのだ。

大金をお支払いいただいておいて、間違ってましたー!は通用しないし、今回はいつもと違うケースで初めての間違い。

そして今まで霊視でもマブヤーの有無を間違えたことはなかった。

しかも今回は自分の霊視ではない。

いつもより外す可能性が低い状態でのミス。

前述した理由でただただ納得がいかなかったのだ。

そしてマブヤーがないということは沖縄では良くないこと。

そんなことを軽々しく口にしてはいけないという考えが私にはあるのだ。

沖縄はスピリチュアル的に独特な発展を遂げている地。

私は沖縄の人間でもなければ、ユタでもノロでもない。

イメージ的にはキリスト教信者にお坊さんが仏教から見たほとんど知らない悪魔についての知識をイメージで語っているような状態に近い。

良いか悪いかはわからないが、“えっ…それまずくない…?”的な状態。

簡単に言うと畑が違うのに我がもの顔で語っている感じなのだ。

そんな私がこんな大切なことを間違えてはならないと考えていた。

自分の霊視だったのであれば納得もできる。

心から謝罪することができるのに原因がわからない…。

L!RaNaファミリーも『いや、そんなん間違えようがないやろ。』しか言わない。

私に間違えた原因はないという。

キェエエエエエエエエエ!!!原因を探せぇえええええ!とL!RaNaファミリーと内戦を繰り広げていた。

そんなモヤモヤを抱えながら鑑定から10日後、ご相談者の方から連絡があった。

『いとこに鑑定の事を報告した時に知ったんですが、弟はマブヤーを落とし、マブイグミをしたことがあったみたいです。

私はそのことを覚えていなかったのでびっくりしました。』という内容。

良かったぁあああ!!!!( ;∀;)

内容としては喜んではいけない内容。

だが、間違っていなかったという安心感が勝ったのが本音なのだ。

それほどまでに原因を探していたし、思い当たらないことで悩んでいたのだった。

後日談② 「母が弟を助けてくれました」

冒頭にも書いたように2021年2月に入ってすぐの頃。

むしろ今日。

日中に『そういや、鑑定内容っていつから書いてなかったっけ?』

『そろそろ鑑定内容を書き始めないと忘れてまうなぁー。誰まで書いたかな?』

『忘れないように最近の人から書くか?』などを考えていた。

その日の夕方に今回の相談者の方から後日談の報告があった。

それには相当驚いた。

以前、教えてもらったとおり先祖に感謝し手を合わせていたら弟のピンチを母が夢で教えてくれました。

昨日、夢の中で私は生首の母を赤ちゃんのように抱いていて、母は「眠い、眠い」と言っていた。

その夢を見た日が弟の誕生日で、夢の内容を弟に伝えたんです。

「俺は熟睡だから、夢もみない」と返事が来ました。

私が去年一時帰国で実家にいた時に大きないびきや一瞬呼吸をしてないような時間があった気がしたので、冗談半分で一度病院に行ってみたら?と弟に伝えたんです。

本人としては睡眠もとれていると勘違いしているけれど、もしかしたら睡眠時無呼吸症候群なのかもと今日、慌てて病院に行ったそうです。

というのも、最近昼間に急な眠気に襲われ2度ほど軽い事故を起こしたと言うんです。

弟は運転する仕事なので、居眠りはご法度。

怖くなって2,3日前に母に手を合わせにお寺に行ったんだとか。

明日、専門の病院に行くらしいです。

普段、弟とはLINEのやりとりはないので、これには二人ともほんとにびっくりしました。

大きな事故を起こす前でほんとに良かったとりらなさんには感謝でいっぱいです。

公式アカウントより ほぼ原文まま

この内容を読んだ時に私は驚愕した。

こんなに明確にメッセージを夢で伝えられるお母様の思いの強さや生首というインパクト大の状態で眠い、眠いというワード。

ご相談者の方は今まで何度もお母様の夢を見たことがあっても夢の中のお母様が言葉を発したことはなかったとのこと。

私のご先祖さんはそんな明確にサインを出してくれたことがないので、少し羨ましくもあった(笑)

同時に亡くなっても母の愛は子に注がれることを実感でき、感動した。

そんなことを考えていると鑑定時、お母様にご相談者の方について聞いた時のことを思い出した。

『この子は大丈夫。

しっかりしてるからね。

頼りにしてる。

でも意地になって頑張りすぎてしまうからそこだけが心配。

甘え下手だからね。』

と仰っていた。

そのことを思い出し、お母様の期待にしっかり答えているご相談者の方は間違いなく“自慢の娘‘’だろう。

親子の絆とはこんなに温かく、素晴らしいものなのかと胸が震えた。

その時、笑顔でこちらにお辞儀をしているお母様が見えた気がした。

まとめ

久々に長文になってしまったが、これは完全にノンフィクション。

これもまたすごい話で、先月から有り難いことに忙しくさせて頂いているのだが、この記事を書いている次の日から2連休。

だからこそ今まで書けていなかった鑑定内容を一気に書いていくつもりで色んな構想を考えていた。

その時にいただいた最高のご報告。

今までで一番濃い内容、展開だったのではないだろうか。

文面から伝わるかはわからないが、私は今かなりテンションが高い!!

途轍もなく機嫌が良いのだ♡

これは裏話なのだが、今回大活躍のお母様は私と似ている(笑)

話しを聞いてる時も誰かに似てるなぁ~…とは思っていた。

私よりも目がクリっとしてて、唇もややぷっくりしているので、私というよりも私の父方の祖母の若い頃に似ている。

誰が分かんねん!!というコメントは受け付けません(笑)

祖母は今や千と千尋の湯婆婆に顔も笑い方もそっくりになってしまったが、小さい時に祖母の幼馴染に会った時祖母と私は似すぎていてかなり驚かれたことがある。

ご相談者の方もいとこの方(以前鑑定済み)もお母様と私の笑い方が似ていると仰っていた。

お母様と話して思ったが、恐らく容姿だけでなく性格も似ている。

すごい巡り合わせだなぁ~…と思うし、こんな貴重な体験をさせていただけたこのご縁に心から感謝している。

番外編:名探偵シッキー・メルの推理録

これはさっきシッキーであるメルから聞いた話。

メルとは10年近く私のお守り役で、一番私に近いシッキーなのだ。

そのメルが『あのさぁー。ちょっと聞いてほしいねんけど。』と言ってきた。

聞いてみるとまさかのマブヤーが抜けたのはお母様が教えてくれた3~4才の頃ではないかもしれない説を唱えだした

メルに詳しく聞くとそれではどうも辻褄が合わないと言う。

人間の3~4才とかまだ身体と一緒でマブヤーもきっと柔らかいし、ガッツリ身体に馴染んでいないから抜けてもすぐに戻るはず。

今回のケースで考えたらやで?

実際子どもはすぐコケるから戻らんのやったら沖縄の人はみんなマブヤーなくなってまうやん。

もしくは子供がこける度にマブイグミすんの?

そんなん聞いたことないし、子供がコケてるの全て把握できるわけないし。

そんなんおかしくない?

しかもその時(3~4才の頃)、ちゃんとマブイグミしたんやろ?

ほんで、その後はちゃんと戻ったからずっと気付けんかった可能性の方が高いやろ。

それでも様子がおかしかったらユタんとこ行くって。

もしユタにマブイグミを正式に依頼してたとしても同じことやろ。

息子が元に戻るまでユタを渡り歩いたはずやで。

そうなったら姉ちゃんが覚えてへんのもおかしいから渡り歩いてはないはず。

子どもの方が大人より異世的に純度が高いからがマブヤー抜けたら大人より強く症状が出る可能性が高い。

いとこはいつ頃とか言うてたんか知らんから実証しようがないけど、こんだけ一生懸命子ども守ってる母親が気付かん方が不自然。

しかも先祖供養とかもちゃんとやってた人が全く気付かんなんて更に不自然やわ。

俺が推測するにお母さんが知らん時にコケたけど、本人がマブヤーとか信じてなくて、大した怪我じゃないから放置した。

可能性が高いのは弟がゴンタ(関西弁でいたずらっ子という意味)してた小学校高学年頃やと思う。

友達といらん事しとって、チャリンコでコケてどっかに激しく打ち付けたとかそんなんちゃうかなぁ。

そう考えた方がしっくりくるわ。

と言われた。

なるほど。

かなり納得できる内容だと思った。

これは本当に先程聞いた内容なので夜も遅いこともあり、ご相談者の方には伝えていない。

話しが二転三転することになるし、どっちにしろマブヤーが戻らないことに変わりはないので改めて連絡はしないでおこうと思っている。

なので、この記事を読んで知ることに…(;^ω^)

申し訳ございませんm(__)m

この真相を確かめるには弟様に直接確認するしかない。

ただ、問題がある。

マブヤーが抜けている人間は特徴として極端に記憶力が悪くなってしまうのだ。

弟様も覚えていない可能性が高いのだ。

モヤモヤの再来であることは間違いない…。

LINE・ZOOMを使ったオンライン鑑定

画像をアップロード

自宅に居ながら、LINEのビデオ通話・ZOOMを使った対面鑑定

ご来店が無理な遠方の方や、お仕事や家事で忙しい方もお好きな時間でオンライン対面鑑定をご利用いただけます

ネットから24時間受付中!
完全予約制:1日4組

LINEからのお申込み・お問合せはこちらから

SR Salon Medium 公式LINE
↑クリックでお友達追加!
SR Salon Medium 公式LINE

鑑定のご依頼もお友達追加後LINE@からお問合せ下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA