自業自得は運気爆上げ必勝パターン!?

はじめに

最近“自業自得って怖いな…”と感じることが多々起きていた。

一般的に自業自得という言葉は良い意味では使われない。

だが、それは少し違うのではないか?と感じた。

一人の相談者との鑑定を用いて、今日はそのことについて書いていく。

自業自得の本来の意味

自分のある行為の結果として身にはね返ってくる事柄を自分が受けること。

まさにこれ。

一般的には“はね返ってくる”

あまり良いイメージの言葉ではない。

だが、言葉の意味をそのまま受けると“自分のやったことは返ってくる”ということ。

“悪いこと”という条件はないのだ。

不幸感は自業自得?

若くで結婚した女性の話

ある日、若くで結婚・出産した女性が「私の運気を視てください。」と相談してきた。

何故運気が知りたくなったのかとキッカケを聞くと、「3年前から運が悪いんです」という。

運気を視てみると確かに3年前から運気はかなり下降している。

でも来年4月に運気は上がっている。

ただ、6月に下がっているのだ。

これはメンタルに原因があると思い、しっかりヒアリングした。

元々この女性はかなり甘やかされて育っていた。

そして今回のメンタル悪化の原因は育児疲れ。

旦那さんは協力してくれない。

協力してくれることがあったとしても父親なんだからそれは当然でしょ。

母親が何でもしてくれる。

だから何もしなくて済んだし、そう育ってきたのだから違和感なんてなかった。

ここが彼女の原点。

私はストレートに伝えた。

「あなたに足らないものは幸福ではないですねぇ…謙虚さです♪」

楽しい話をしているかのように私はこの内容を伝えた。

この女性は最初ビックリしてはいたものの、「あー…」と納得した。

すかさず私は、「謙虚さがないことは悪いことではないんですよ。」

謙虚さがないのは感謝の気持ちがないから。

感謝の気持ちがないのは知らないから。

要するに知れば良いんです。

無知をなくせば良いだけなんです。

例えば食育ってありますよね。

スーパーで売っている野菜しか知らない人は野菜を作る工程を知らないし、野菜を作る人の気持ちなんてわからないし、想像することもない。

スーパーで売っているお肉しか知らない人がお肉ができる工程をしらないし、自分の手で動物を生活の為に殺さないといけない人の気持ちはわかりませんよね。

その光景をテレビで観たら“うわぁ…こんなに大変だったんだ!”って思えば勝手に感謝の気持ちが湧いてきませんか?

それと同じです。

謙虚さがないことは悪いことではありません。

知ろうとしないことが問題なんですよ。

と私は伝えた。

始終、明るいトーンで話していた。

この女性を霊視してると極端に母親を遠ざけたがっているように視えていたので、こう伝えてみた。

「母親の小言ってウザイですよね!」

女性は突然の言葉に息を飲んでいた。

「お母さんうるさいでしょ~?」そう聞くと、「はい。お母さんは何もわかってくれないんです。先月ケンカになって、それから会っていないんです。」

「そうですかぁ!何もわかってくれなかったら腹が立って当然ですよね!あなたは辛いんだからわかってほしいですよね。

…では逆にあなたはお母さんの気持ちをわかっていますか?」

そう切り返してみた。

「…わかっていないかもしれません。」

私の過去の経験も交えて説明した。

親はいつまでも親で、子どもはいつまでも子ども。

何歳になっても可愛い子どもなのだと感じたことを話した。

そして嫌いな人にあなたは小言を言いますか?

関わりたくもない人間、理解できないとわかっている人間に一生懸命伝えますか?と聞いた。

そして嫌われてでも幸せになってほしいと思う気持ちがあるからこそ厳しく伝えるものだと話した。

「確かにお母さんの伝え方は“あなたはまだまだ子ども”というスタンスで言ってくるからイラっとくるんですが、実はこういう内容の場合って母親自身が同じ状況になっていることがあるんです。

自分と同じ間違いはしてほしくなくて言ってくることがあるんです。」

なので、今度ウザイことを言われたら、お母さんに

「お母さんは何故そんなことを言うの?過去に何かあった?」

「お母さんは私と同じような状況になったことはある?」

「お母さんはさっき言ってくれた通りにやって乗り越えられたの?」

こんな感じで一歩突っ込んで聞いてみましょう伝えました。

きっとお母さんは自分が若い頃を思い出して話してくれますよ。

もし、お母さんの八つ当たりだったのなら、その時はお母さん黙りますから。

同じことを言わせない効果もあります。

是非実験だと思ってやってみてください。

そう伝えると女性は笑っていました。

求めるなら、まず自分から

女性は旦那さんに関しての不満もすごかった。

確かに旦那さんは余裕がなく、女性に色々求めているし、要求に答えてくれないことにかなり苛立っていた。

正直精神年齢もかなり低かった。

そのことをお母さんの話のあとにその女性に伝えると「…私と同じ気持ちだったんですね。」

そう言ったのだ。

これには驚いた。

すごい吸収力だ。

はい。

実はそうなんです。

旦那さんとあなたはとても似ている。

なら、あなたが一番旦那さんの気持ちがわかりますよね?

疲れたあなたがしてほしかったこと、言ってほしかったこと。

辛いあなたがしてほしかったこと、言ってほしかったこと。

寂しくなったあなたがしてほしかったこと、言ってほしかったこと。

それをまず与えてあげてください。

きっと旦那さんは落ち着くはずです。

求める前に自分が与えられているかを確認する癖を付けましょう。

この世は何もかもギブ&テイク。

テイクされたいなら、まずギブしないとね♪

そんなことを話しながら和気あいあいと会話は進んでいきました。

そして女性はこんなことを話してくれたんです。

不満は不安から?

私、実は今2人目がお腹にいるんです。

妊娠8ヶ月。

事情があって上の娘の出産も今回の出産も帝王切開なんです。

2人目の帝王切開はハイリスク出産と言われていて、大量出血で私死ぬかもしれないんです。

それが不安で、わかってくれない周りに苛立っていたところもあるのかもしれないと先生の話を聞いて思いました。

それは怖い。

確かに不安にもなる。

ただ、自分が体験したことのない人間に無責任にわかるよーって言われた方が、あなたの性格的に腹が立つと思いますよ。

と笑って伝えた。

女性は「確かに(笑)」と言って和んだので、すかさずこう伝えた。

私にはあなたの6月に運気が下がることが視えた。

ということは11月の出産で亡くなる可能性は現状の運命の流れから推測すると低いということです。

「そういう考え方もあるんですね!!」と女性は大喜び。

私は爆笑した。

でも甘えは禁物!

運命はかなり変わりやすいもの。

今は良い運命の流れが視えていても、誰かに迷惑を掛けたり、嫌われたりするだけで運命は悪い方向に行くこともある。

最大の恐怖に立ち向かっていくのだから万全の状態が良い。

そこで勧めたのが自業自得の法則

自業自得とは自分がやったことが返ってくることですよね。

悪いことをすると返ってくる。

ということは良いことをしても返ってくるんです。

自分が与えられる愛情や優しさを際限なく与えましょう。

そうすると運気が上がり、最悪の状況を避けられるかもしれない可能性が上がります。

これが運気を上げる必勝パターンなんですよ。

これを聞いた女性は「当たり前だと思っていたことができなくなっていきますけど、当たり前の中に運気を上げる方法があったんですね!」と興奮していた。

幸せ=全力?

私が常々言っていること。

幸せになりたかったら、納得と覚悟が重要だ。

ただ、納得と覚悟には人生に対して積極的でなければ得られない。

つまり“全力を尽くす”必要がある。

学生時代の運動会を思い出してほしい。

ダラダラしているととても退屈なものだが、みんなで真剣に取り組むと良い思い出になる。

運動会は基本的にプログラムは長年変わっていない。

それでも楽しめるのは自分が前向きに取り組んだからだと言える。

運動会でやる種目は楽な種目はほとんどないが楽しいものがほとんどでもある。

そして終わった時にドッと疲れるようなものばかり。

人生も同じようなことが言えるのではないだろうか。

仕事や生活、人間関係など楽なものは一つもなく、一日の終わりにドッと疲れている。

ただいっぱい寝て、美味しいものを食べ、一生懸命仕事をして、自分がやれることをやり切ることができた日は疲れた中でも充実感を感じるだろう。

それは楽なものではないが、楽しいと感じるものでもある。

楽と楽しいはイコールではないのだ。

むしろ対局にあると言っても言いかもしれない。

だが、楽をして最初は楽しかったとしても徐々にその感覚は薄れていく。

真剣に一生懸命頑張ってやり切った時の嬉しいと感じ、楽しく感じたものはその楽しさは継続し、向上心が生まれ、楽しさは上がっていくのだ。

そしてまた運動会と同様、常に自分が目立つことはできない。

むしろ人に称賛されず、目立たない人の方が多いかもしれない。

それでも“いない方が良い”人間なんて存在しない。

目立たない人が本当にその場に居なければ、その運動会はとても寂しいものになるだろう。

運動会では目立っていない時間に次自分がどう目立つか、どうすれば後悔なく最高のパフォーマンスができるのかを考える時間にする。

自分が目立てなくてもみんなで頑張ることに心血を注げば、目立っていなくてもその時間すらも実は良い思い出に一役買っているのだ。

自分なんて…と腐っていては楽しくなくて当たり前なのだ。

恒例の変わり映えのないものだからこそ、つまらない。

つまらないことがつまらないのはあまりにも芸がない。

つまらないことをどれだけ楽しめるように取り組むのが粋なのではないかと私は考えるのだ

常に後悔なく、最高のパフォーマンスを考えること。

自分だけではない。

自分も含め、自分に関わる人が笑い合える環境を作ることに集中する。

それが全力で取り組むことになっていくのだ。

たくさん考え、たくさん実行し、失敗すればまた試行錯誤して次に繋げる。

手を抜いた人間に喜びはない。

全力でやり切った先に喜びはある。

幸せになりたいなら周囲がどう思おうが必死にやってみること。

誰かに評価されることを待つ生き方に幸せはない。

何故なら喜びの積み重ねが幸せへと進化していくのだから。

まとめ

“自業自得”

この言葉は本当によく使われる。

でも本当の意味、その言葉の根幹を認識している人は何人いるのだろう。

今回例に挙げた女性のように知らないからできない、知っていれば起こらないことはこの世の中にかなり多い。

自分自身が発している言葉にどんな意味が込められているのか知らない人が多いのだ。

だから誤解が生まれる。

無知とは自分を傷付けることになっていくのだ。

相手を知らず知らずの内に傷付けたことが、自分に返ってくる。

誰かを知らず知らずの内に喜ばせたことが、自分に返ってくる。

自分で蒔いた種は良い芽であっても、悪い芽であってもどこかで必ず芽吹く。

それが“自業自得”

必ず芽吹くなら良い芽の方が良い。

方法は簡単。

喜ばせて、笑顔を引き出してあげること。

話しをたくさん聞いて喜ぶために不必要なものを取り去ってあげること。

自分の周りに笑顔がたくさんあると気付いた時、それは運気が上がっているサインなのだ。

LINE・ZOOMを使ったオンライン鑑定

画像をアップロード

自宅に居ながら、LINEのビデオ通話・ZOOMを使った対面鑑定

ご来店が無理な遠方の方や、お仕事や家事で忙しい方もお好きな時間でオンライン対面鑑定をご利用いただけます

ネットから24時間受付中!
完全予約制:1日4組

LINEからのお申込み・お問合せはこちらから

SR Salon Medium 公式LINE
↑クリックでお友達追加!
SR Salon Medium 公式LINE

鑑定のご依頼もお友達追加後LINE@からお問合せ下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

恋愛の多様性