レアケース多発中。あなたは当てはまりませんか?

はじめに

お待たせ致しました。

勝手に休憩…2回ブログをお休みし、久々の投稿。

ご心配をお掛けしたことをお詫びいたしますm(__)m

今回この内容を書こうと思ったのは皆様ご存じ、西宮市甲子園にある我が“霊能者が占う店SRsalon MEDIUM”にご来店くださった相談者の方々。

その相談内容にかなりのレアケースが多発していることに起因している。

鑑定後も気になって調べたりしている内にブログのストックが無くなっていたという始末。

しかもブログの内容にするには濃くなりすぎてしまうので、また小説並みになる可能性がある。

そして、実はまだ解決しきれていないものも多いのだ。

解決できればガンガン書いていこうと思うが、今回はその前振り的内容となる。

どんなケース?

①狗神憑き

犬神の憑依現象は、平安時代にはすでにその呪術に対する禁止令が発行された蠱術(こじゅつ:蠱道、蠱毒とも。特定の動物の霊を使役する呪詛で、非常に恐れられた)が民間に流布したものと考えられ、 飢餓状態の犬の首を打ちおとし、さらにそれを辻道に埋め、人々が頭上を往来することで怨念の増した霊を呪物として使う方法が知られる。

犬神の由来 Wikipediaより

最初のご相談内容は怒りの感情が抑えられないということ。

このご相談者の方が嫁いだお家は何百年間そこに住む家系だ。

憑き物筋である可能性は十分にある。

だが、本来その家系が憑き物筋であれば、特色が出る。

狗神は繁殖し、気配はかなり濃厚となるはずなのに違った。

不思議すぎる。

私は横の繋がりがなく、憑き物筋に詳しい知り合いがいない。

なので、こちらで調べに調べ、ご相談者の方にもご協力いただき現在進行中の案件だ。

狗神だけでなく娘様がかなり霊的感度が高く、憑きやすいという問題があり娘様に憑くもののお祓いや土地の浄化、先祖問題の調査などやることがてんこ盛り。

正直、狗神問題は個人的に霊能者人生で会って1~2人だろうと思っていたレアケース。

まさか開店1年未満で出会うとは夢にも思わず、一から勉強し直している。

そしてこのご相談者の方が憑き物筋なのではなく、養子に入った方の産みの母が憑き物筋だった可能性が高いところまではわかっている。

だがそこは報告が来ていないので、はっきりとは言えないがかなり通例からはズレているのだ。

ここを見誤れば見逃すことになる。

根本的解決にはならない。

そのプレッシャーとも現在格闘中(笑)

②自己免疫疾患

自己免疫疾患とは免疫系が正常に機能しなくなり、体が自分の組織を攻撃してしまう病気。

原因は不明。

この場合、スピリチュアル的な部分に原因があることが多い。

まず挙げられるのは先祖問題。

この場合、親族内に同じような症状を発症しているケースが多い。

可能性があるのは“インセスト・タブー”と“先祖に能力者がいること”

あえて日本語での表記はしないでおこうと思う。

気になる方は自己責任で調べてほしい。

現代では有り得ないという認識だが、100年前は普通にあったらしい。

なんなら現在でも海外では法律が緩和しているところもあるそうだ。

そこが問題になり得る。

社会的に当然なものが先祖問題になっていくパターン。

古事記によると神は比較的インセスト傾向があるのだが、人間は許されないらしい。

3月に入り、自己免疫疾患を持つお客様やご家族が自己免疫疾患をお持ちの方がご来店された。

一人一人に原因が知りたいと言われているわけではないが、ここまで重なると“気付かせか!?”となるのがこの私。

知りたすぎて、放ってはおけない。

なので、実は勝手に調べている。

勿論、霊視ではない。

鑑定中に霊視で知ったことを基にネットで調べたり、シッキーに情報収集させている。

能力者の友人に聞いたらインセスト・タブーを指摘されたのだ。

異世ベースで判断する私には盲点だった。

今はシッキーの報告待ち。

報告が上がり、まとまったら記事にしようと思う。

③特殊な魂

特殊な魂にも色々あるのだが、既存のスピリチュアル用語を用いるならインディゴチルドレン

クリスタルチルドレンやスターチルドレンというものもある。

私はシッキーがいる為更に特殊なのだが、個人レベルだけで挙げるなら既存の知識内では私はインディゴだろう。

りらな流の解釈では魂が特殊なのではなく、魂が担った役割が特殊でそれに応じた人間を作った。

それがインディゴチルドレンだ。

その魂が担った特殊な役割によって現れる特徴は異なる。

私の魂の役割は“伝達”“切る”こと一切だ。

ここに基づいたことが性格や嗜好に現れ、それが適職に繋がっていく。

役割とはこの世の理が続いていく中で必ず必要なパーツであり、命すべてに平等に与えられている。

ネット内でインディゴチルドレン診断なるものを発見し、おもしろいのでURLを挿入しておく。

ちなみに言っておくと、インディゴに必ず巫病が起こるわけではない。

巫病はあくまでも成巫過程で起こるものを指す。

正直に言うとスピリチュアリストさん達が騒いでいるほどインディゴであることは良いこととは言えないと個人的に思う。

今後私が感じて来た生きづらさなどを記事にしていこうと思っているので、悩んでいる方は是非読んでほしい。

そして自分の子どもなのに育てにくいと感じている方にも読んでほしい。

きっと私と同じような道を辿って来た方、これから辿るであろうことが書いてあるはずだ。

まとめ

お店がすごいことになっているこの3月。

良くない者が良くない者を食べてレベルアップしていたり、先祖問題が大渋滞していたり。

え、ちょw待って!レアケースが多すぎる!!!となった3月。

4月はどうなるのだろうかっ…!

すごく楽しみだ。

もちろんFunny(笑える)ではなく、Interesting(興味深い)の方だ。

私は好奇心のオバケちゃんなのだから楽しみで仕方がない。

あなたの親族に中には共通した病気やケガ、癖はないだろうか?

もしかしたら、それは先祖問題が原因かもしれない。

そして生きづらさを感じている、子育てがしづらいと苦しんでいる方はいないだろうか?

それは特殊な役割を持っているからかもしれない。

LINE・ZOOMを使ったオンライン鑑定

画像をアップロード

自宅に居ながら、LINEのビデオ通話・ZOOMを使った対面鑑定

ご来店が無理な遠方の方や、お仕事や家事で忙しい方もお好きな時間でオンライン対面鑑定をご利用いただけます

ネットから24時間受付中!
完全予約制:1日4組

LINEからのお申込み・お問合せはこちらから

SR Salon Medium 公式LINE
↑クリックでお友達追加!
SR Salon Medium 公式LINE

鑑定のご依頼もお友達追加後LINE@からお問合せ下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA